コンプライアンスへの取り組み

我が社のコンプライアンスへの取り組み

コンピュータや情報通信機器の発展による高度情報化社会において、企業を取り巻く環境は年々変化し続けています。また、企業活動においても益々、グローバル化が進み、その中で働く人々においても様々な個性や価値観の多様化が進んでおります。そして、近年の企業や官公庁による不祥事の多発は「企業の社会的責任」(CSR)を大きく失墜する行為となり、「企業の存続」にも大きく影響します。

企業が社会的責任を担い企業価値を創造し今後も存続し続けるには、役員を含む従業員の全てが法令や社内規定を遵守しなければなりません。また、設立当初から常に意識・実践しているセキュリティマネジメントの考え方をさらに浸透させ行動することにより、企業を取り巻くすべての人々(ステークホルダー)の信頼や期待に応えられるものと認識しております。

そこで、当社は「コンプライアンス委員会」を設立し、「企業の社会的責任」を果たすために法令・社会理念や社内規定に沿った「行動の基準」(コンプライアンス・マニュアル)を策定しました。この基準を役員から従業員、一人ひとりがしっかり理解し日々行動する事が必要不可欠です。また、"行動の基準"は定期的に見直し時代に合うものでなければなりません。

但し、この"行動の基準"は全てではありません。各個人が慎重に考え行動する事が必要であり判断に不安を覚えた場合には独断で行動せず、上位者や管理者に相談し間違いのない行動をお願いします。

私たちはこの"行動の基準"を共有し実践することを通じて、私たち自身が「変革」し社会から認められ、社員としての誇り・仕事へのやりがい・充実感を得ることができることを確信いたします。

当社のステークホルダーに対して安心と信用を保証し、私たちの会社生活を充実したものにされんことを切に期待します。

2014年05月23日

株式会社 リンネット
代表取締役社長 石上武徳

このページの先頭へ